お寿司に関する様々な謎や雑学についてお話していきましょう。

日本の食文化に欠かせないお寿司ですが、超高級店から、大衆店、回転寿司、家庭で作るお寿司、スーパーやコンビニで買うパック入りのお寿司と実に寿司料理の種類だけでなく、食べる場所にも様々なバリエーションがあります。そんなお寿司ですが食べ方のマナーや、気をつけたいこと。あとお寿司屋さん独自の符牒などちょっとした疑問や謎が少なからずあるのではないでしょうか。そんなお寿司の疑問に答えて行きたいと思います。まずは、なかなか敷居の高い値段の張るお寿司屋さんの謎についてお話したいと思います。値段が表示されていないなど、いったいいくらかかるのか心配でという声もよく聞く高級店のお寿司屋さん。そんなに高級な店でなくとも、回転寿司以外は敷居が高いから入ったことがないという人すらいるほど、お店で食べるお寿司は高級なイメージがあるものです。

たしかに驚くほど高いお寿司屋さんもあるにはありますが、名前の知れた老舗のお寿司屋さんでも、よほどたくさん飲んだり食べたりしなければ、だいたい一人で2万ちょっとくらいまでに収まりますので命まで取られるほどの値段ではありません。まして今ではネットのグルメサイトなどでおおよその値段設定が口コミでわかりますので、自分がいける範囲の値段設定のお店に訪れてみるとよいでしょう。来店する前には予約を入れた方が良いので、その際おまかせで頼む場合の予算を聞いたり、アレルギーなどがある場合は伝えておいたりすると良いですね。

ではお寿司屋さんの謎の一つ卵を食べればその店の味がわかるという話、これは本当なのでしょうか。たしかに以前はどのお店でも自分の店で卵を焼いていましたが最近は外から卵焼きを買うお店も多いと言いますので一概には言えないようです。あと、お寿司の高級店に行くなら地下か二階にある店のほうがコストパフォーマンスも良いという話がありますがこれは本当なのでしょうか。高級寿司店は薄利多売の大型店とは違い、店舗もカウンターだけなどの小さなお店が少なくありません。またあまり飛び込みのお客さんが来るわけではないので、店舗を一階にもつよりも経費を抑えられる立地にあるお店がコストパフォーマンスも良いといわれる所以でしょう。